自由な生活を送りたいなら、このことを意識しないとダメ!

自由な生活、昼間からBBQ イベント

今日は昼間からBBQ!そしてその後はカラオケ。
なんか最近、遊んでばかりで超楽しいですけど、
ある意味、これがシゴトとも言えるので有難い話ですよね。
 
 
さてボクにとって、
この生活は、当たり前になっていますが
なぜ、こんなに自由になれたかというと
 
ずーっと、そういう生活をすると
誓って生きてきたからです。
 
それこそ、18歳くらいから、ずっと。
 
 
朝、ネクタイを締めて、スーツを着て
満員電車に乗って、残業をして帰ってくる。
 
休みは週2日。給料も多くはない。
 
こんな生活は死んでもしたくないと、
ずっと思ってました。
 
 
やりがいとか安定とか、
社会的意義だとか義務だとか
そういうことの前に、
自由ではないであろう
生活自体に耐えられなかったのです。
 
(ナマケモノなのかもしれないですね)
 
 
でもね、ボクが今、誰にも縛られず
好きなことをして
自由に生きていられるのは
 
そんな生活を心の底から欲して
その生活を手に入れるための
努力を惜しまなかったからなんですよ。
 
 
努力を惜しまなかった…なんてことを書くと
 
そりゃもう、常軌を逸する量をこなしたとか
尋常じゃないイメージを持たれるかもしれないけど
決してそんなことなくて、
それなりに頑張ってきたレベルです。
 
 
ボクより努力している人なんて
星の数ほどいます。
 
ボクより才能がある人は
海岸の砂の数より多いことでしょう。
 
 
でも、ボクより自由じゃない人は多いですよね。
 
(自由の定義って難しいところありますけど
便宜的に誰にも縛られず、
お金・時間の束縛がない状況ということにしましょう)
 
 
その理由としては、
 
その人たちは
「自由になるための努力をしてこなかったから」です。
 
本当に、ただそれだけだと思います。
 
 
ボクが全く英語を話せないのは
英語の勉強をしてこなかっただけです。
 
サーフィンが全くできないのは
サーフィンをしたことがないからです。
 
逆に、ゲームがうまいのは
それなりにゲームをしてきたからです。
 
 
それと同じように
ボクが自由なのは、自由が大好きで
自由になるために必要な行動をしてきたから。
 
単純にこれだけなんですよね。
 
 
ポイントとしては
なんとなくじゃダメなんです。
 
自由が大好きで
自由じゃない生活なんてありえないし
不自由な生活は死んでも嫌だし
自由になるためなら
それなりの努力はしまっせ!
ってくらいじゃないと無理って感じですかね。
 
 
そのための方法は
ぶっちゃけなんでもイイと思います。
 
本気でそう思ってたら
嫌でも、方法は見つかりますから。
 
 
ちなみに世の中のほとんどの人が自由じゃないです。
 
パレートの法則に当てはめるなら
8割の人が自由じゃなくて
2割の人が自由といった感じでしょうか。
(実際は、もっと少ない気もしますが)
 
 
そんな中、あなたが自由を求めるなら
それだけの”思い”が必要だということを
覚えておいてほしいと思います。