自己責任論「すべては自己責任!」…だけどそれでいいのか?

自己責任論・すべては自己責任?
自己責任論・すべては自己責任?
マインド

 

すべては自己責任。

他人のせいにしない。

 

ボクはそう思って生きてきたし

間違っていないと思います。

 

どんな理不尽なことがあったとしても

すべては自己責任と思って

腹をくくって対処する。

 

誰か、何かのせい!と思ってしまうと

確実に行動が鈍ってしまうので

初動が遅れるし、

最悪の事態を招いてしまう可能性が高くなる。

 

人のせいにしてしまうと

精神的にも、よろしくないし

現状に不満を抱く人ばかり

集まってきてしまう…。

 

物事は捉え方によっては

ポジティブに変換できるのに

ネガティブに考えてしまう

クセもついてしまうしね。

 

すべては自己責任と思えるようになると

人や会社に依存しなくなります。

 

依存することが、

すべて悪いわけではないけど

依存していると、

自分の人生をコントロールしづらくなる。

 

もし依存できなくなると

一瞬で、生活・人生の危機!みたいな

状態に陥ることも多々あるからね。

 

自立の反対語は依存。

自分は自立してます!って思っていても

なんだかんだ依存している人の方が多い。

 

だから、すべては自己責任と思って

依存することをやめるように努力する。

これはとても大事なこと。

 

だけどね。

わかっていない人は

気づいて変える努力をすればいいけど

わかっていても、デキない人。

変えられない人もいる気がするんだ。

 

「自己責任」って言葉は

冷たさもはらんでいると思う。

 

選別し、突き放しているような…

でも、どーせ、ほとんどの人が

そう考えることなんてできないでしょ?

って、思っているような…

 

排外主義の人が

よく使いそうな言葉だと思う。

 

もちろん、努力はしてほしいと思う。

ボクもそうしてきたし

それで今があるから。

 

日本は、他国と比べて

自己責任と考えている人が多い国だそうです。

 

アメリカよりも多いとのこで

自分にも、他者にも厳しい国なのかもしれません。

 

でも、どうしても自己責任と考えて自立できないなら

自立している人が助けることも必要だよね。

 

ボクはそんなやさしい

日本になってほしいと思ってる。

 

これ以上、自殺者を増やしたくはない。

 

東京に住んでいるからかもしれないけど

何だろう、愛が足りないのかな。

 

みんな自分のことだけで

いっぱいいっぱいなのかな。

いつからそうなってしまったのかな。

昔から、そうだったのかな。

 

ボクは、日本を変えるほどのチカラはないけど

自分の周りから、少しずつ変えていこう思ってます。

 

それが拡大していけば

とても大きなチカラになるはずだから。