パチスロのメリット「割で考えられるようになった」こと

パチスロ 機械割のメリット ビジネス

「俺は努力して稼げるようになったんだから

たいして努力してない奴は、貧乏で生活が苦しくて当たり前」

 

「格差社会上等!貧富の差やむなし!」

 

そうかもしれない。間違ってはいないかもしれない。

ただ、みんな努力してないわけじゃないんだよね。ほとんど人がちゃんと働いています。

 

でも報われている人が少ないのは、「割には合う仕事」が少ないからだと思う。

費やす労力や時間の対価として報酬が少ない。

 

ボクがこのことに気づいたのは、パチスロをやっているときだった。

いつも割で考えて、打っていたからね。

 

パチスロというのは、設定があって1から6まであって低設定は基本的に客が負ける設定。

機種にもよるけど、客が勝てる設定はだいたい3以上。

そのため、ほとんどの台が設定1で店によるけど、たまに、設定5とかがある感じ。

設定6は、イベントや新台入れ替えのときくらいしか入れないお店が多かった記憶があります。

 

もう10年以上、パチスロはやってないから今はわからないけどね。

 

ボクが、このパチスロで食べていたときは、ともかく高設定の台に座ること。

 

そしてできるだけ多くの時間、その高設定の台を打つことを考えていた。

 

機械割というものなんだけど機種ごとに違うから

「この機種のこの設定は1時間打つと、このくらい儲かる」

いう目安があって、技術介入度がある台は、打ち手のレベルによって変化するんだけどこの機械割を頭に入れて立ち回りをしていました。

 

パチスロはギャンブルなので負けるときは、もちろんあるけど高設定を掴んだときは、勝てる確率が大幅に上がります。

 

だから、朝5時くらいに店に並んだりして、狙っている台に座ったり、閉店間際に店に行って、データを取ったり、当時、いろいろ努力はしていましたね。

 

勝てるときは、1日で20万円以上勝てるときもあるので、バイトがあまりにも割に合わないことに気づいて、すぐに辞めました。

 

勝てるようになるまで、半年以上かかったけど、高設定に座ったときの、1時間あたりの期待値が時給1万円以上になることもあるので、バイトは負けることはないけど、あまりにも割に合わない…って考えるようになったんだと思います。

 

しかも、パチスロは自由。

誰かに縛られているわけではないので。

 

まぁ、生産性という言葉を使うなら全く生産性はないシゴト?だったけどね。

 

ちなみに、バイトの最低賃金1500円なら続けていたかもしれないけど、それでも月24万円くらいかな。

 

エリートしか割のいい仕事ができないわけじゃない。

みんな知らないだけで、探そうとしていないだけで、結構あります。

それこそ、パチスロの設定5とか6のシゴトがあるということなんです。

 

でも、今のパチスロはダメみたい。全然、儲からないようです。

ボクがパチスロを辞めたのは、将来が不安だったからなんだけど、その判断は正しかったと思います。

 

肩は凝るし、姿勢は悪くなるし、タバコの副流煙で不健康になるし、音はうるさいし、ホールは劣悪な環境だったしね。

 

とはいえパチスロをやっていたのは、3年くらいだったけど、割で考えられるようになったのは、人生において、本当に大きなメリットがありました。

社会的意義とか考えないで、お金だけにフォーカスした場合、ボクはシゴトに関して、割に合うか合わないか?でしか考えません。

お金のためだけに仕事をするわけじゃないけど、今の仕事、割には合うか合わないのか、一度くらい考えてみてもいいかもしれませんね。